即日融資 same day borrow money

 

キャッシング50社比較 - 全国の消費者金融・カードローン徹底調査 | 今日、今すぐお金を借りる【即日融資の速い順おすすめランキング】

即日融資でお金を最速で借りる方法とは?

即日融資
即日融資の条件とは?

 
お金を借りる時はとにかくすぐ借りたいという場面がどうしても出てくると思います。銀行口座を持っていても持っていなくても早く借りたい、最速の即日融資を解説していきます。その上で、注意するポイントや早く借りるための条件などがありますので各々の前提となることや条件に応じて選択すべき借りる方法が異なりますので事前にきちんと確認しておいてください。
 
以下は今スグお金を借りたい、なるべく早く現金が欲しい、という方に対して早く借りられる、即日融資が速い順に解説していきます。即日キャッシング、即日カードローンなど今日これからお金を借りるための方法を紹介します。

目次

即日融資の条件

  • 審査について
  • 振込かローンカード利用か
  • 提出書類について
  • 在籍確認について
  • 銀行口座の有無

即日融資が可能なキャッシング・カードローンランキング(早く借りられる順)
当日お金を借りるための注意点

  • ローン契約機の場所を確認
  • 当日夜の申し込み時間のリミット
  • その他注意事項

即日融資の条件

審査について

どの消費者金融、カードローンでも第一関門として審査に通ることが融資を受けるための大前提となります。審査に通らなければお金は借りられません。審査にとっても希望額に届かないと意味がありませんので審査に通ることが第一に求められます。
 
その上で、審査回答時間も早ければ速いほど良いということになります。当サイトで比較している消費者金融や銀行カードローンでは最短で30分というのが業界最速になります。一部、審査回答時間が15分というのもありますがだいたいは30分程度になることが多いので基本的な回答時間は最速で30分とみておきましょう。即日審査を受ける上ではスピードが求められますので速いほど速いほうが良いということになります。
 
次に、審査の回答方法ですがほとんどの消費者金融とカードローンにおいては電話またはメールになります。一部書面にて審査回答を通知するところもありますが、即日融資においては論外です。できればメールで受け取るほうが電話に出られないことも加味するとメールが良いでしょう。
 
当サイトで分析した結果ですが、審査回答が早い貸付業者の特徴として消費者金融のほうが早いことが多いです。銀行カードローンでも審査回答が早いカードローンがありますが、保証会社・審査会社としてアコムやプロミスなどの消費者金融系の会社が入っていることが多いので、それが影響しています。
 
なお、審査は当日審査回答するためには午後2時までといった時間で区切っている貸付業者もありますので当日に審査回答してもらうために何時までに申し込みが完了しておくべきかは考えておいたほうが良いでしょう。

振込かローンカード利用か

ローンの審査に通ると最終的にはどのような手段で借り入れを行うか考える必要があります。通常の借り入れ方法としてはATMによるローンカードを利用しての現金借入になります。コンビニATMや銀行ATMなどどこにでもある場所で借り入れが簡単に行えるのがカードローン、キャッシングの大きな特徴です。この場合、ローンカードを利用することになりますので即日融資の場合はローンカードをいかに早く手に入れるのかがポイントになります。
 
ローンカードを利用する場合、つまりATMで借り入れを行う場合はローンカードをどのように当日入手することになるかが難しいところです。ほとんどのカードローンの場合は郵送によるローンカード配送ということになりますので郵送でのローンカード入手は即日融資は実質不可能です。しかし、消費者金融や一部の銀行カードローン(三井住友銀行カードローン)はローン契約機が利用できるので申し込み後にローン契約機で鉄付きを行えばその場でローンカードを発行してもらうことが可能です。
 
他の方法としては振込というのもあります。振込ならインターネットバンキングのようなWEBサイトから振込手続きを行えば即時に振り込んでもらえるので確実なのは振込による即日融資でしょう。ただし、カードローン、キャッシングの申し込み銀行の預金口座を持っていてインターネットバンキングが利用できるようになっているなどの細かい条件が必要なケースもあります。これに関連してWEB完結のネット上で簡単に手続きが完了する方法をとるなどの細かい条件もありますので注意が必要です。

 提出書類について

 一般的にカードローン、キャッシングの利用時には2つの種類の提出書類が求められます。身分証明となる運転免許証や住民票、外国人の方は永住権が証明できるもの、パスポートなどのいずれかのコピーを提出することになります。
 
もう一つの提出書類は所得証明書です。源泉徴収票、過去3ヶ月分の給与明細、確定申告、納税証明書などのコピーです。こちらは借り入れ額に応じて必要か否かを各貸付業者が取り決めを行っているのでそれに従って提出することになります。
 
これらは審査通過後に提出することになりますが所得証明書については即日融資を受けるなら借り入れ額は小さくしておいたほうが良いでしょう。つまり、所得証明書を求められない、提出しなくても良い範囲で借り入れをするということです。提出書類が少ないほうが手続き上早くなります。
 
また、場合によっては身元の証明を行う身分証明書の提出を行わなくても良いカードローン、消費者金融も存在します。例えば三井住友銀行カードローンの場合、既に預金口座を持っている場合はWEB完結という申し込みが簡単な方法を利用すれば既に口座を持っていることが身元証明になるので提出しなくても良いのでこの辺りは手間もかからず楽ですし、早いキャッシング利用が可能になります。
 
以上のように提出書類は出来るだけ少ないほうが早く借り入れができますし自身の手間も省けるので即日融資を希望するなら提出物が無いような形で申し込みから借り入れ利用までできる手段をとったほうがより確実です。
 

 在籍確認について

消費者金融によるキャッシングや銀行のカードローン利用においては審査通過後、在籍確認が行われるのが一般的です。在籍確認は本人の意志を確認することと、安定した収入が本当にあるのかという点を側面から確認するために勤務先に連絡して本人が在籍しているかを確認するために行われます。
 
即日融資を実現するには出来るだけ在籍確認は無いほうがベストです。その点、モビットは在籍確認無しで利用できるのが特徴です。また勤務先にではなく本当に本人かどうか確認する在籍確認であればスピードは早いです。
 
勤務先に在籍確認を行う場合は土日祝日は勤務先そのものが休業しているところがほとんどでしょうから在籍確認がある場合は平日に借り入れの申し込みを行うべきです。在籍確認ができずに手続きが先に進めなかったというケースもありますので土日祝日も申し込みや審査が可能でも在籍確認が確実にできる平日の日中帯に申し込みは行ったほうが良いでしょう。
 

銀行口座の有無

消費者金融やカードローンで即日融資のために手続き上銀行口座を持っていないと手続きが長くなってしまって即日融資が実現できないケースもあります。
 
上述しましたが銀行口座を持っているだけで運転免許証などの提出書類が不要となることが多いので指定の銀行口座を持っているだけで即日融資の可能性が高まります。
 
ローンカードの発行も不要となることが多いのも銀行口座の有無で変わってきます。例えば、現在持っているキャッシュカードにカードローン機能を付与することができるカードローンもあります。三井住友銀行の場合はキャッシュカードがあればローンカードをすぐに付与できてコンビニATMなどでも引き出せるようになります。
 
また、キャッシュカードを持っているということはインターネットバンキングも利用できる環境にあるはずなのでインターネットバンキングが利用できる状態であればキャッシングの振込の依頼がスムーズに行なえますし、即時振込が可能なので即日融資の可能性は高まります。
 
なお、銀行カードローンの場合はその銀行の預金口座を保有していることが有利になりますが、消費者金融の場合は銀行ではありませんので指定の銀行口座を持っていることが条件になります。その多くは資本関係にある銀行口座を持っていると便利な点が多いです。

即日融資おすすめランキング

お急ぎで借りたい方、今日現金が欲しい方

急な出費でどうしても早くお金を借りたい方、最短で借りられるキャッシング・カードローンをお探しの方、今日借りたい方最速順にランキング化した下記の即日融資おすすめランキングをご覧ください。


第1位
 第1位

最速で即日融資の可能性が高い消費者金融です。

管理人の口コミ・アドバイス

ネット申込み、自動契約機でローンカード発行なら最短1時間で借り入れ可能
 

プロミス

融資スピード業界最速級!!最短30分の審査時間、その後現金を手にするまで最短1時間
無利息30日間サービス
審査通過率43.9%(2016年2月実績)
 
キャッシング50社比較 解説へ モビット
 
公式サイトはこちら 詳細へ
 

第2位
 第2位

自動契約機が多いので利便性が高い消費者金融です。

管理人の口コミ・アドバイス

審査通過率が高く、自動契約機も多いので非常に便利に利用できます
 

アコム

融資スピード業界最速級!!審査時間は最短30分、融資実行スピードも早い!!
アコムの利用がはじめての方は無利息30日間サービス
審査通過率48.3%(2016年9月実績)
 
キャッシング50社比較 解説へ モビット
 
公式サイトはこちら 詳細へ
 

第3位
 第3位

在籍確認が不要で借りられるのでスムーズに借りられる消費者金融です。

管理人の口コミ・アドバイス

在籍確認無しで申し込み後フリーダイヤルコールで審査を早めることが可能
 

モビット

最短即日融資
『WEB完結』ならカードレスで振込・返済が可能
在籍確認で電話無し、メールのみで契約可能
 
キャッシング50社比較 解説へ モビット
 
公式サイトはこちら 詳細へ
 

当日お金を借りるための注意点

ローン契約機の場所を確認

上記の審査についてでローン契約機でローンカード発行すると早いという話をしました。ローン契約機を使えるキャッシングやカードローンが正直早く借りるためには最適と考えていますが、すぐに借りるためにはそのローン契約機の場所に早く辿り着く必要があります。
 
審査OKとなった後にローン契約機に直接行くわけですが近くにないことにはローンカードは発呼されません。今日中に借りたいとなったらローン契約機にすぐ行けることが条件にもなりますので事前にどのあたりにあるのか確認して置く必要があります。
 
ローン契約機が利用できるキャッシングは大手のプロミスアコムモビット、アイフルなどです。カードローンにおいては三井住友銀行でプロミスのローン契約機が利用できるのが特徴です。

当日夜の申し込み時間のリミット

当日借りるためにはいつまでにキャッシング、カードローンの申し込みをしておくべきかもポイントになります。ポイントは審査回答をその日のいつまでに行われるのか、夜何時までに申し込みをすれば審査回答が間に合うのか確認が必要です。
 
審査についてはほとんどのカードローンでは平日または土日祝日も14時や15時までとしている銀行が多いです。消費者金融では大手の会社が夜まで受け付けています。たいていはローン契約機が営業している時間帯であれば審査回答も可能というところが多いです。
 
ただし、借り入れの申し込みは夜でもできますが審査回答は早くても30分かかるところが多いので審査回答時間を踏まえてローン契約機などの営業時間を越えないように時間はなるべく早いほうが良いです。

その他注意事項

上記した内容に加えて、気をつけておくべき点を解説しておきます。
 
運転免許証などの提出書類が必要なケースでは大手の金融機関ならスマホ等のカメラで運転免許証を撮影してそのデータをすぐに送れるようにしているところが多くなってきました。
 
ですので、早く借りる、即日融資を実現するためにはスマホの操作方法や金融業者のウェブサイトに書かれていることがしっかり理解できるようになったほうがメリットが大きいです。
 
ローン契約機での操作もそうですが、ある程度、パソコンなど機械設備に慣れていることも早く借りる条件と言えるでしょう。


当サイト人気の
カードローン

人気があるのには理由があります。

目的別に選ぶ
カードローン

お金を借りる上で重視するポイント、目的に合わせて借り先を探す。初めて借りる方は解説ページがありますのでまず先に こちらをご覧ください。
 
お急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシングお急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシング
 
毎月の返済額が少ない
 
休みの日でも現金を手にしたい方 土日祝日でも借りられる
 
利息が少ない・上限金利でも低金利 低金利カードローン
 
審査に通る可能性で選ぶキャッシング 審査通過率が高い
 
現在借り入れがある方 総量規制対象外
 
現在の借り入れをまとめたい方 おまとめローン