楽天銀行カードローン

 

キャッシング50社比較 - 全国の消費者金融・カードローン徹底調査 | 楽天銀行カードローン【特徴・申込条件・審査・評判】

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の特徴・審査・評判

楽天銀行スーパーローン
 
楽天銀行

カードローン解説の内容について

楽天銀行のカードローンでお金を借りる前に確認しておきたいポイントとして、カードローンの特徴、申込条件、審査、利用可能なATM、金利や毎月の返済額、その他注意点を示していきます。
 
金融機関コード:0036


目次

楽天銀行スーパーローンの3つの特徴
お金を借りる前に注意すること
カードローン商品概要
審査・申込について

    • 審査時間について
    • 申込手順について
    • キャッシング・カードローン申込の注意点

返済について

    • 返済方法について
    • 返済金額について

楽天銀行スーパーローンの評判について

    • キャッシング50社比較.jpの口コミ&アドバイス
    • 楽天銀行のカードローンで借りるべき人とは
    • 楽天銀行のカードローンで借りないほうが良い人とは

その他ローン商品の紹介
楽天銀行の支店

楽天銀行のカードローン(スーパーローン)3つの特徴

 楽天銀行スーパーローンには以下の様な特徴があります。楽天銀行はネット系銀行としてソニー銀行じぶん銀行などと同様のカードローンを提供する銀行カードローンです。メガバンクの三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行カードローンなどとはカードローンサービスとしての大きな違いはありませんが、金利面や保証会社で異なるので、ネット系銀行を検討するのも良いでしょう。
 
基本的に店舗を持たないので銀行窓口で申し込みするようなことではなく、インターネットや電話での申し込みが原則となっています。
 
当ページでは楽天銀行カードローンを解説します。
 

低金利、最大限度額が高額で収入証明は借り入れ300万円まで不要

楽天銀行スーパーローンの特徴の一つとして他社と比較して低金利の点があげられます。年1.9%~14.5%の幅がありますが、上限金利でも14.5%なので他社と比較しても低い水準です。特に消費者金融と比べると上限金利で3.5%の差があります。下限で比較するともっと大きな差になります。
 
カードローンの利用においては金利も重要な確認ポイントですから返済することを考えて低金利であるにこしたことはありません。低金利を目指すなら楽天銀行のカードローンも選択肢の一つに入ってくるでしょう。
 
最大限度額も800万円ということで高額融資にも対応していますし、もちろん少額の融資も歓迎しています。
 
無担保で借りられるカードローンですが、借り入れ額が300万円未満なら収入証明も不要なので高額の借り入れを検討している方にとってはメリットが大きいです。300万円まで収入証明書不要というのは他社と比較しても有利なポイントなので楽天銀行を選ぶ理由となるはずです。
 
 

楽天銀行の口座を持っていなくてもカードローンの利用が可能

楽天銀行の預金口座を持っていない方でも申し込みが可能です。銀行口座の開設は必須ではなく最寄りのATMでの借り入れと返済を行うことになります。
 
楽天銀行はネット系銀行ということで申し込みから口座開設までは比較的簡単であると便利ですが、楽天銀行と関わりがなかったという方でも楽天銀行スーパーローンのメリットは享受できます。
 
借り入れも返済も今持っている口座で問題ないのですぐにカードローンの利用が可能です。
 

専業主婦や学生でも借りられる

専業主婦でも借りられる銀行カードローンは全国でみてもそれほど多くありません。楽天銀行スーパーローンは最短即日審査もできる働いていない専業主婦、専業主夫の方でも申し込みができるカードローンです。
 
しかも、他社と比較して利点が複数あります。借入限度額は他社が通常30万円までというところ、楽天銀行スーパーローンでは50万円まで借り入れが可能です。金利は固定で14.5%となっています。他社と比較してもメリットがいくつかあるのでおすすめできます。
 
学生の方でも楽天銀行のカードローンが利用可能です。基本的にはアルバイトなどの収入がある方向けなのでその点ではご注意ください。


お金を借りる前の注意点

 キャッシングする前、カードローンでお金を借りる前に注意する点を解説しておきます。
 

カードローン申し込み当日に融資を受けるには?

楽天銀行カードローンで申込み当日に融資を受ける方法があります。
 
唯一の方法は、スマホやPCからインターネットを通じてカードローン申し込みを行い、当日審査結果が確認できれば、すぐに必要書類の情報をスマホ等で送信、指定の銀行口座を返済用口座に指定すれば振込によって即日融資が可能です。ただし、楽天銀行の口座があれば時間制限はありませんが、楽天銀行以外の銀行口座の場合はカードローン申し込みが平日の14:45までに完了している必要がありますので注意が必要です。
 
審査結果も最短当日であって通常当日~2日間程度は結果の連絡が来るまで時間がかかることがあります。よって、少しハードルが高いのをどう考えるかでしょう。
 

勤務先への在籍確認連絡に注意

楽天銀行スーパーローンはカードローン申込者が本人であるか、借りる意思がちゃんとあるのかという確認のため、本人に対して勤務先への在籍確認が行われます。
 
 確認の電話は非通知で個人名を名乗るので、会社の規模や応対スタッフによっては社名を聞き返すことも十分考えられます。その際は楽天銀行と答えるので、それに対して会社側で問題がないか、認識しておく必要があります。
 
当サイト管理人の個人的な意見としては他社の消費者金融や銀行カードローンでも個人名で確認連絡があることがありますが、銀行名であればそれほど他の人も気にならないのではと思います。
 
 

楽天銀行の預金口座を持っている方は振込が24時間対応

即日融資の方法に関連しますが、楽天銀行の銀行口座を持っているとメリットが多くあります。
 
借り入れの振込が24時間即時対応なので、急にお金が必要になったときにかなり重宝します。
 
さらに、返済用口座振替の手続が少なくすみますので審査結果が早く届けば即日融資の可能性がかなり高まります。口座を持っていない場合でもそれでも十分メリットが大きいでしょう。


商品概要

 楽天銀行スーパーローンのカードローン商品の概要を解説します。

商品名

楽天銀行スーパーローン

利用条件

年齢20歳以上62歳以下

パート・アルバイト等の安定した収入のある方も借り入れ可能

学生の方、専業主婦の方も利用可能

利用使途

自由(消費性資金の利用に限る)

利用限度額

800万円

10万円単位

借入金利

実質年率1.9%~14.5%

保証会社

株式会社セディナ


楽天銀行カードローンの審査・申込について

 キャッシングを申し込んでからの審査、申込手順について解説します。
 

審査回答時間について

口座の有無に限らず最短で当日、または2日間で審査回答が行われます。審査回答はメールで行われます。メールの場合は逐一チェックしなくてはなりませんので、即日融資を希望する場合は頻繁にチェックしたほうが良いでしょう。
 
なお、基本的には平日の利用と考えて良いでしょう。以下に示しますが、在籍確認が必須で行われますので、会社がやっている時間帯でないと確認が取れません。即日融資を希望される方は申し込みを平日の午前中に行うべきです。
 

申し込み手順について

楽天銀行のカードローンはパソコン、スマホによるインターネット申し込みが基本となります。ネット系銀行ということもあり、ネット申し込みには力を入れています。入力のしやすさや分かりやすさは楽天銀行の良さということで定評があります。
 
申し込みが完了した時点で審査が行われ、最短で当日、遅くとも2営業日程度で審査回答がメールであります。
 
キャッシングで即日融資に定評がある消費者金融でも即日審査回答ですが、楽天銀行カードローンの場合は良くて即日、通常は翌日か翌々日になることが多いので即日融資を少しでも可能性として入れておくなら平日午前中に審査できるよう申し込みを早めに済ませるほうが良いでしょう。
 
審査回答がメール受信し確認したら次は在籍確認が行われます。勤務先に電話での確認が入ります。当ページの申し込みの前に注意することで説明したように「楽天銀行の○○ですが、○○さんはご在籍ですか」といった電話がありますのでそういったやりとりが電話を受けた人とされることを認識しておく必要があります。
 
次に必要書類の提出として身分証明書などを郵送で提出することになりますが、スマホを利用して申し込みをされているなら「証明書送付アプリ」で提出書類を写真撮影し、そのまま提出することが可能です。楽天銀行で即日融資を希望するなら必ずアプリで資料送付しましょう。
 
資料送付して契約ということとなりますが後日「楽天銀行スーパーローンカード」が発行され、郵送にて届きます。そのローンカードを最寄りのコンビニATMなどで利用して借り入れが可能となります。
 
即座に借り入れをしたいという方は銀行口座への振込依頼によって可能となります。即日融資を希望する方も基本的には振込による融資ということとなります。カードはどうしても届くまでに時間がかかってしまいます。
 
振込での融資実行の場合は楽天銀行の口座を持っていれば24時間即座に振り込んでもらえますので便利です。楽天銀行以外の銀行口座を指定する場合は平日0時10分~14時45分までに振込の依頼をする必要があります。夕方や夜の振込はできないのでその点は注意が必要です。
 
なお、この流れで返済用振替口座の指定も行う必要がありますので、必ず行っておきます。こちらも楽天銀行の口座ではなくても良いので使いやすいです。一部の地方銀行のようにあとで口座を作る必要があるといったことはありません。
 
 

申し込みに必要な書類は?

カードローン申込書に記入して送付する以外に、本人確認書類が必要となります。
 
本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポート、楽天銀行が発行する確認書類のいずれかが必要です。
 
300万円以下の借り入れであれば収入証明書の提出は不要です。300万円を超える場合は給与明細や確定申告、源泉徴収票などの提出が求められますのでその点ご認識おきください。
 
なお、専業主婦でも50万円以下の借り入れの場合は配偶者、本人も含め収入証明書の提出は不要となります。
 

 申し込みに関する注意点

楽天銀行のMY ONEネット会員となっている方は金利優遇が適用されます。借り入れ金利から0.4%を差し引いた金利で借り入れが可能となります。


返済について

 キャッシングでの借り入れ後の返済方法、返済額などについて解説します。
 

返済方法について

 以下の場所、方法で返済が可能となっています。

振込、口座引きお落としによる返済

自動引き落とし(口座振替)の場合、返済用口座の指定が必要です。楽天銀行の口座ではなくても他行の口座でも可能です。(約定日は毎月1日、12日、20日、27日により選択可能)

振込での随時返済も可能

インターネットバンキングによる返済

ATMで返済

以下のATMで返済が可能となっています。

セブン銀行ATM

ローソンATM

E-netがあるATM(ファミリーマート、サンクス等のコンビニ)

ゆうちょ銀行ATMは利用不可です

※手数料がかかる場合があります。

返済金額について

現在の借り入れ額、前月分の約定額に応じて定例返済額が確定します。借入残高毎の返済額は下記の通りです。
 

10万円未満

2,000円

10万円超30万円以下

5,000円

30万円超50万円以下

10,000円

50万円超100万円以下

15,000円

100万円超150万円以下

20,000円

150万円超200万円以下

30,000円

200万円超250万円以下

35,000円

250万円超350万円以下

40,000円

350万円超400万円以下

45,000円

400万円超500万円以下

50,000円

500万円超600万円以下

60,000円

600万円超700万円以下

80,000円

700万円超800万円以下

100,000円

 
 可能なら返済できるときに一括返済含め、大きく返済しておくことをおすすめします。


楽天銀行カードローンの評判について

 本当にお金を借りても大丈夫か口コミ・評判など。
 

キャッシング50社比較.jp 管理人の口コミ&アドバイス

楽天銀行はネット系銀行として以前楽天が買収してできた銀行です。メガバンクの三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行三井住友銀行とは異なり、支店や店舗を基本的に持たない銀行で、ネットでの利用がベースにあります。その分、人員コスト削減で金利面でメガバンクや地方銀行より有利になるところもあります。
 
審査という意味では結果としてセディナが行っているので、貸金業者に審査や保証は頼っている状況です。楽天が独自に審査を行っているわけではありませんので楽天側に審査の状況を聞くことができません。担当者も基本的にノータッチと思って良いでしょう。
 
楽天銀行カードローンは審査はセディナが審査しているので消費者金融よりの結果に近いでしょう。
 
楽天銀行の銀行口座がない方でも利用できるというのは嬉しいポイントです。口座を持っていても持っていなくても審査のスピードや審査内容に違いはありません。口座を持っているメリットは融資振込までの時間短縮であったり、手続き上の簡便さです。
 
基本的にネット銀行ということもあってインターネットバンキングでの利用が基本となりますのでインターネットバンキングでの利用に慣れている方は使いやすいと思います。ローンカードでATMでお金を借りたり返済したりももちろん出来ますのでアナログな方でも十分使えると思います。
 
楽天銀行カードローンならではの特典としては楽天ポイントが最大で数万円還元されることがかなりメリットとして大きいと思います。お金を借りた上にポイントが例えば3万円分も入ればかなりお得です。ただし、最大限ポイント還元を受けるためには貸付残高がかなり高額でないといけないので現実的には数百ポイントと考えたほうが良いですね。
 
ローンカードの契約して利用したところで1000ポイント追加で入りますので、ほとんどの方はだいたい1500ポイントか2000ポイント程度のポイント還元となります。
 

楽天銀行スーパーローンで借りるべき人、おすすめできる人

たくさん借りたい方で低金利を希望

楽天銀行のカードローンの場合、どれだけ借り入れをするかで金利が決まってきます。10万円から50万円までは一番最大の金利となります。それでも14%台の金利ですので、他行と比べてみても利息は低くなります。

収入証明書を提出するのが面倒な方

300万円までは借り入れしても融資契約の際に収入証明書を提出する必要はありません。他行と較べても収入証明書不要の敷居が低いのでメリットがあります。

専業主婦、学生の方

専業主婦でも収入証明書の提出が不要なので他行と較べても借りやすいでしょう。面倒なところが少ないのはメリットです。さらに、50万円までの借り入れが可能ですので、他行と比べても借り入れ額が多いです。

学生の方でもアルバイト等で収入があれば借り入れ可能です。審査はセディナですがカードローン利用の門戸は広くなっている印象です。

楽天銀行スーパーローンで借りないほうが良い人、おすすめできない人

即日融資を必須とする方

消費者金融と比べて若干審査に時間がかかるため即日融資には向きません。最短即日融資も可能ですが、平日午前中に申し込み、審査回答や在籍確認が終わってないと即日融資に間に合わない可能性があります。

数万円程度の少額融資を希望される方

最低10万円からの借り入れとなりますので少額融資には向きません。


その他の楽天銀行のローン商品について

 楽天銀行スーパーローン以外の他のローン商品について簡単に解説します。カードローンは使途が自由(消費性利用に限る)のに対し、他のローンは使途が限られる分、金利や返済期間で優遇されています。お金を借りる目的に応じて検討・利用するのが賢いお金の借り方です。
 
なお、以下は主に個人向けローン商品を掲載しています。一部、法人・事業者向けのローンも商品名・概要のみ紹介します。
 

目的別ローン、フリーローン

目的型ローンとして、結婚式、披露宴などの目的に利用できる「ブライダルローン」、海外旅行等に利用できる「トラベルローン」があります。
 
カードローンのスーパーローンと比べて最大限度額は低いですが、金利は10%を切るなど低金利で貸付を行っています。
 
トラベルローン、ブライダルローン含め、使途がある程度限られていますが、それでも関連するイベントであれば利用可能なので全てフリーローンとして考えず一度トラベルローンやブライダルローンも状況に応じて検討してみてはいかがでしょうか。
 

住宅ローン

楽天銀行はネット系銀行ということで金利面でメガバンクや地方銀行よりも低金利で住宅ローンを提供しています。
マイナス金利の2017年時点では変動金利で0.5%台からの金利で、長期固定金利のフラット35Sも選択可能です。2017年時点ではフラット35Sの20年以下で0.7%台となっています。
ネット系として住宅ローンを比較してもかなり低金利ですので住宅ローンを検討している方は比較材料として出してみるのも良いと思います。
 
その他、借り換えも受け付けていますので低金利・マイナス金利の今チャレンジしてみても良いでしょう。
 

マイカーローン

楽天銀行のマイカーローンはオートローンとして提供しており、カードローン型のスーパーローンを利用していれば誰でもオートローンを利用できます。新車、中古車、オートバイなどのバイクの購入費用、車検費用、運転免許証の取得費用にも使えるローンとなっています。
 
上記したようにカードローン利用者は利用できるのでフリーローンの一つといっても良いでしょう。ですので、自動車購入時の契約書の提出なども不要なので利用しやすいカードローン商品といえると思います。
 
借り入れ限度額はスーパーローンの一部なので金利も限度額も同一となっています。
 

教育ローン

楽天銀行の教育ローンはスーパーローンの一部となっていますので、オートローンと同様に金利も限度額もスーパーローンと同一となっています。
 
ですので、入学金、入学証明書、留学費、その他教育費としての契約書類などの提出は不要なのですぐに借り入れすることが可能です。もちろん、300万円までの借り入れであれば収入証明書も不要となっています。
 

その他のローン

個人向けはその他、家主や地主、資産を持つ方に向けた不動産担保ローンがあります。ネット系ならではの低金利を実現しています。不動産担保ローンで最大でも10%を切っている金利水準となっています。
 
 
 
事業者向け・法人向けのローンとしては特に資金調達のサービスはなく、預金口座を開設した上で、海外送金、決済サービス、外貨預金などの運用サービスを提供しているのが主です。
 
 
楽天銀行 公式サイト
 


楽天銀行の支店

楽天銀行はネット系銀行のため、支店、支局等の概念がありません。ただし、口座としての支店はありますので楽天銀行を使っている人全員が同じ支店を利用するというわけではありません。
 
支店名はジャズ、ロックなどの音楽に関わる名前が付けられています。
 
支店がないため、口座開設をした上で何らかの手続や面と向かって相談するようなことができません。オンラインでのやりとりや電話での相談が主になりますのでパソコン操作に不安がある方は店舗を持つ銀行を検討するほうが良いでしょう。
 

 

他社のカードローンから探す

 当サイトは全国50社以上のカードローン、キャッシング事業者をあらゆるポイントで比較しています。一番優位なキャッシングというのはご自身で何を重要視するかで変わってきます。全国のカードローンから本当に一番理想的、使いやすい、お得なカードローンを見つけてください。
 

ランキングから探す

キャッシング50社比較.jp 総合ランキング

比較表から探す

全国キャッシング50社比較表

目的から探す

目的別カードローンランキング

 
トップページ

当サイト人気の
カードローン

人気があるのには理由があります。

目的別に選ぶ
カードローン

お金を借りる上で重視するポイント、目的に合わせて借り先を探す。初めて借りる方は解説ページがありますのでまず先に こちらをご覧ください。
 
お急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシングお急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシング
 
毎月の返済額が少ない
 
休みの日でも現金を手にしたい方 土日祝日でも借りられる
 
利息が少ない・上限金利でも低金利 低金利カードローン
 
審査に通る可能性で選ぶキャッシング 審査通過率が高い
 
現在借り入れがある方 総量規制対象外
 
現在の借り入れをまとめたい方 おまとめローン
 
 

アコム
プロミス
アイフル
三井住友カードゴールドローン
モビット
ノーローン
キャッシングのフタバ
フクホー
ライフティ

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
りそな銀行カードローン

新生銀行カードローン レイク
オリックス銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
じぶん銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
イオン銀行カードローンBIG
セブン銀行カードローン
横浜銀行カードローン
千葉銀行カードローン
静岡銀行カードローン セレカ
住信SBIネット銀行カードローン
ジャパンネット銀行カードローン
東京スター銀行カードローン
東日本銀行銀行カードローン
八千代銀行カードローン
大和ネクスト銀行カードローン
武蔵野銀行カードローン
常陽銀行カードローン キャッシュピット
栃木銀行カードローン スマートネクスト
群馬銀行カードローン スマイルパートナー
足利銀行カードローン Mo・Shi・Ca
京葉銀行カードローン
東京都民銀行パーソナルカードローン
東京都民銀行Webカードローン
筑波銀行カードローン IMA☆(いまほし)
山梨中央銀行カードローン waku waku エブリ
千葉興業銀行カードローン リリーフ
北海道銀行カードローン ラピッド
青森銀行カードローン Aキャッシング
みちのく銀行カードローン トモカ
福岡銀行カードローン
七十七銀行カードローン 77スマートネクスト
西日本シティ銀行カードローン クイック30
京都銀行カードローン W(ワイド)
広島銀行カードローン マイライフプラス
八十ニ銀行カードローン ニューマイティ
群馬銀行カードローン ナイスサポートカード
北陸銀行カードローン スーパーNOW
中国銀行カードローン コレカ
十六銀行カードローン Q-LOAN
ゆうちょ銀行カードローン したく

京都中央信用金庫WEBカードローン
岡崎信用金庫カードローン
埼玉縣信用金庫カードローン
城北信用金庫カードローン
JAバンクカードローン