返済額が少ないキャッシング・カードローン less repayments

 

キャッシング50社比較 - 全国の消費者金融・カードローン徹底調査 | 返済額が少ないキャッシング・カードローン【おすすめランキング】

返済額が少ないキャッシング・カードローンはどう選ぶ?

返済額が少ないキャッシング・カードローンの注意点

 
お金を借りる時、返済に困らないようにできるだけ小さい額を返済するようにしたいというのは自然の発想ですが、その分、注意が必要です。返済額が少ないことで確実に返済できるというメリットがある分、デメリットもありますので借り方には注意が必要です。
 
以下は毎月の返済額を少なくして借りられるキャッシング・カードローンについて、毎月の返済額が少ない順に解説していきます。返済額が少ないキャッシング・カードローンの基本的な考え方や注意点も含めて一番オトクに借りられるポイントを紹介します。

目次

毎月の返済額を小さくする条件

  • 返済額が小さくなる理由と条件
  • 返済額が少ないメリット・デメリット
  • 金融業者各社で最低返済額が異なる理由

毎月の返済額が少ないキャッシング・カードローンランキング(早く借りられる順)
返済額を少なくして借りるときの注意点

  • 総返済金額を確認する
  • その他注意事項

返済額を少なくして借りるときの条件

返済額が少なくなる条件

お金を借りるということは返す義務が発生します。通常、消費者金融やカードローンでお金を借りると貸主の条件をのむ形で借りる側はお金を返していくことになります。
 
全国に多くの消費者金融やカードローン、商工ローン、クレジットカードなど様々なお金を借りる手段が存在しますが返済する金額は借りるお金が同一でも千差万別となっています。
 
A社から5万円借りて毎月の返済が3,000円というところもあれば、B社から同じ5万円を借りても毎月の返済は5,000円というところもあります。例えば、銀行のカードローンなら三井住友銀行カードローンをご覧ください。最低返済金額がいくらになっているか確認してみてください。他にもアコムプロミスの消費者金融もご覧いただければと思いますが、各社金利も異なりますし、返済日程など様々な要素で返済金額が異なっています。
 
同じ金額を借りたとしても全く同一の返済額となる企業は少ないでしょう。ですので、お金を借りた際にはどのくらい返済すべきなのかはしっかり確認する必要があります。
 
お金がないから借りるわけで返していくのはできるだけ軽くしたい、少ない金額で返済していきたいという方も多いと思います。
 
では、どのようにして返済額が決まるのでしょうか。また、返済額を少なくするにはどうしたら良いでしょうか。
 
まず、返済額が決まる条件ですが、通常消費者金融やカードローンで返済するとき、返済回数を決定します。何年というより、何日毎にいくら返すというのが何回あるかということを決めます。
 
そこである程度、少ない金額を返済するように指定ができますが、金融業者各社で指定できる条件が異なります。
 
返済額を少なくするにはその返済回数を多くすれば毎月の返済額は小さくなります。単純な考え方で利息は抜きで考えると30,000円を借りた時、10回の返済で完済すると考えると毎月3,000円で1年以内、10ヶ月で返済するということになります。
 
これを毎月2,000円を返すということで安くするとなれば15回の返済回数が必要で15ヶ月かかるということになります。
 
上記は比較的少額の融資を想定した金額ですが、これが10万円、20万円となると同じ返済回数でも毎月の負担を考えると大きく違ってきます。
 
つまり、返済額を少なくしたいなら返済回数を増やすこと、毎月返済なら長期間の返済期間を設定することが条件となります。
 

返済額が少ないメリット・デメリット

毎月の返済額が少ないことについてはメリットもあればデメリットもあります。
 
まずはメリットですが、これは言わずもがなですが、毎月の返済額が少なければ少ないほど家計への負担は月単位で見れば少なくなります。特に借り入れが多ければ多いほど顕著にあらわれてきます。
 
数十万円の借り入れがあった場合、ほとんどのケースで毎月数万円の返済があるでしょう。そこで返済回数が多ければ毎月の返済額は小さくなり、1万円、2万円の違いが生まれます。毎月の家計に1万円、2万円といった金額が手元に残るか残らないかは大きな差です。
 
すぐに返す当てのない方は返済額を小さくして着実に返せるようにするのが得策です。
 
しかし、デメリットもあります。毎月の返済額が小さいということは元本がなかなか返済されないということです。毎月でみればそれほど大きな額ではないですが利息を含んだ総返済額で見れば利息が多く乗ってくることがわかります。
 
例えば、金利18.0%、借入金額10万円という例をみていきましょう。
 
返済回数が10回の場合、

返済回数

10回

毎月の返済額

10,843円

総返済金額

108,302円

 
返済回数が20回の場合、

返済回数

20回

毎月の返済額

5,824円

総返済金額

116,210円

 
返済回数が30回の場合

返済回数

30回

毎月の返済額

4,163円

総返済金額

124,451円

 
上記の結果の通り、返済回数が増えれば増えるほど、毎月の返済額の負担は小さいですが、利息を含めた総返済額は多くなります。返済回数10回と30回の差は2万円弱にもなるのがお分かりいただけると思います。
 
つまり、返済額を小さくするデメリットは利息を多く払う必要があるということになります。
 

毎月の返済額が少ない会社と返済額が多い会社がある理由

さて、どうして金融業者各社で返済額を極力小さくできたり、返済額は1万円以上からといった条件があるのでしょうか。
 
お金を貸す企業側の本音を言えば、滞納リスクと利益の関係が大きくあります。
 
金融業者側の立場では返済額を小さくしたほうが利息が多くなるので利益が大きくなります。ただし、本当に完済してくれるのかといったリスクは膨らみます。返済期間が長いということもリスクになりますし、返済期間が長いことによる総返済額は多くなるので債務者にとっては負担が増えることになります。金銭的な負担が大きければ大きいほど滞納リスクが増すということになります。
 
企業にとっては意外にもスグ返済してもらったほうが良いケースもあるので一概にどちらを求めているかは言えませんが、貸金業者各社が定めている最低返済額や返済計画表は企業にとってのリスクをどのくらい呑めるのか、利益をどれくらい確保したいのかということが真の思惑があるのです。
 
なお、最低返済額が小さいキャッシングやカードローンは保証会社が大きく影響しており、貸金のリスクは保証会社がもつことになるので実は保証会社がどれくらいリスクを呑めるかということがいえます。
 
大手の銀行でも最低返済額が大きくことなるのは保証会社が異なれば返済額の考え方、条件は大きく違ってくるので一概に消費者金融が良い、銀行カードローンが良いとも言えません。

毎月の返済額が少ないキャッシング・カードローンおすすめランキング

毎月の返済を出来るだけ少なくして借りたい方

どうしてもまとまったお金がない、少額でも確実に返せるようにしたい、手元に現金を多く残しておきたいので返済額を少なくしておきたい方毎月の返済額が少ない順にランキング化した下記の返済額が少ないおすすめランキングをご覧ください。
 
なお、どの消費者金融、カードローンが返済額が少ないかどうか最低返済額を比較表に掲載していますのでこちらもあわせてご覧ください。


第1位
 第1位

毎月の返済額が1,000円からというカードローンです。

管理人の口コミ・アドバイス

業界でもトップクラスの最低返済額を設定
 

じぶん銀行カードローン

学生、専業主婦、年金受給者でも借りられる
口座開設不要
毎月の最低返済額は1,000円からと少額返済OK
 
キャッシング50社比較 解説へ モビット
 
公式サイトはこちら 詳細へ
 

第2位
 第2位

自動契約機が多いので利便性が高い消費者金融です。

管理人の口コミ・アドバイス

審査通過率が高く、自動契約機も多いので非常に便利に利用できます
 

アコム

融資スピード業界最速級!!審査時間は最短30分、融資実行スピードも早い!!
アコムの利用がはじめての方は無利息30日間サービス
審査通過率48.3%(2016年9月実績)
 
キャッシング50社比較 解説へ モビット
 
公式サイトはこちら 詳細へ
 

第3位
 第3位

在籍確認が不要で借りられるのでスムーズに借りられる消費者金融です。

管理人の口コミ・アドバイス

在籍確認無しで申し込み後フリーダイヤルコールで審査を早めることが可能
 

モビット

最短即日融資
『WEB完結』ならカードレスで振込・返済が可能
在籍確認で電話無し、メールのみで契約可能
 
キャッシング50社比較 解説へ モビット
 
公式サイトはこちら 詳細へ
 

返済額を少なくして借りるとき注意点

総返済額を確認する

返済額を少なくする条件の項目で解説したようににデメリットは理解しておく必要があります。返済額が少ないのは利息との表裏一体、トレードオフの関係にあります。
 
返済額が少なくなればなるほど返済期間が伸びるので完済に時間がかかることも気を付ける必要がありますが、一番は利息が増えることです。あくまで消費者金融やカードローンは1日単位での元金に対する利息を計算していますので期間が増えることがそのまま利息を増やすことに繋がります。
 
管理人の勧める返済ポイントは返済額は小さくしておいたとしても返せる段階になれば全額とは言わないまでも多く返すことです。それだけでも利息が少し少なくなりますので返済が楽になります。
 
そのためにもこのくらいの回数で返済するなら総返済額はどう変わるのか確認しておくと良いでしょう。
 
消費者金融やカードローン各社のホームページでシミュレーションが出来ますので、是非やってみてください。
 
借り入れ金額、金利、返済回数を入れるだけで総返済金額や毎月の返済額、利息などが表示されます。その数字を確認したうえで無理ない返済計画を考える必要があります。
 
 

その他注意事項

上記した内容に加えて、気をつけておくべき点を解説しておきます。
 
返済額を極力小さくしたいなら消費者金融やカードローンをわけて少額借りるということも方法としてはあります。例えば、10万円を借りたいという場合に3社で3万円、3万円、4万円借りることで少額の返済が可能です。
 
もちろん、債権者が増えますし、徐々に借りづらくなりますのでそれはそれでデメリットがありますが、一つの策として検討してみてください。
 
 
金融業者各社の最低返済額についてはキャッシング・カードローン比較表に一覧にしていますのでご確認ください。


当サイト人気の
カードローン

人気があるのには理由があります。

目的別に選ぶ
カードローン

お金を借りる上で重視するポイント、目的に合わせて借り先を探す。初めて借りる方は解説ページがありますのでまず先に こちらをご覧ください。
 
お急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシングお急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシング
 
毎月の返済額が少ない
 
休みの日でも現金を手にしたい方 土日祝日でも借りられる
 
利息が少ない・上限金利でも低金利 低金利カードローン
 
審査に通る可能性で選ぶキャッシング 審査通過率が高い
 
現在借り入れがある方 総量規制対象外
 
現在の借り入れをまとめたい方 おまとめローン