はじめて for Beginner

 

キャッシング50社比較 - 全国の消費者金融・カードローン徹底調査 | 【はじめてお金を借りる方向け】初めてのキャッシング・カードローンの注意点まとめ

はじめてお金を借りるときの注意点

はじめに
はじめてお金を借りるときの注意点

 
はじめてお金を借りるとき、何を考えてお金を借りますか?様々な不安はつきものです。
 

  • ちゃんと返せるだろうか・・・
  • なんだか恥ずかしい・・・
  • 自分なんかにお金を貸してくれるだろうか・・・
  • そもそも審査に通るだろうか・・・
  • いくらくら借りられるだろうか・・・
  • 闇金など悪い業者に引っかからないだろうか・・・
  • 金利とか業界用語がよくわからないから不安・・・

 
 みなさん同じような不安を抱えつつ最初は借りているものです。不安がある中でもまずはちゃんと返せる道筋をつけておくことで不安は解消されます。
 
当ページではお金を借りる前にしっておくべきポイント、注意点、変な業者に騙されない・詐欺にあわないようにある程度の知識を身に付けておくべきことなど総合的な情報をまとめてお伝えしています。
 
はじめてお金を借りるというときでも安心してお金を借りられる、きちんとお金を返せるように指南していきますので最後までお付き合いください。

目次

貸金業者の種類

  • どこから借りるのか
  • 消費者金融
  • 銀行
  • クレジットカード
  • 街金
  • ヤミ金(闇金融業者)

お金を借りるまでの手順

  • 申し込み
  • 審査
  • 必要書類の提出
  • 契約・ローンカード発行
  • ATMや振り込みによる現金の借り入れ
  • 返済

お金を借りるときに重要視するポイントを考えておく

  • 金利
  • 借りるまでの時間・スピード
  • 毎月の返済額
  • 銀行の場合口座の有無
  • ATM利用などの利便性

貸金業者の種類

どこから借りるのか

 お金を借りるときパッと思いつくのは銀行でしょうか、それともテレビCMをたくさんやっている消費者金融でしょうか。
 
日本には意外にもお金を借りられる会社はたくさんあります。海外に比べると相当多いと言われています。
 
日本には何千とある貸金業者があり、それらは「消費者金融」、「銀行」、「街金」、「クレジットカード」、「ヤミ金」など様々な事業者の種類がありますのでまずはどこから借りるのが良いか考える必要があります。その考え方はこのページで解説する特徴を踏まえ、お金を借りる上で重要視したいことを考えながら決める必要があります。
 

消費者金融の特徴

テレビCMや電車の中吊り広告、インターネット上によく見かけるバナー広告など生活している上でよく見る広告は消費者金融によるキャッシングの案内です。
消費者金融には大手の会社で三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスアコムモビット、アイフルなどがあります。昔で言う「サラ金(サラリーマン金融)」と呼ばれていました。今では昔のあまり良くないイメージを業界全体で刷新して”手軽に”、”安心して”、”すぐ借りられる”といったスローガンのもと大規模な広告戦略を行っています。
 
消費者金融の特徴は「早い審査」、「独自の審査」、「借り入れ返済の手軽さ」があげられます。
 
その中でも一番の特筆すべきは迅速な審査スピードでしょう。とにかく審査が早いです。自社で審査部門を持っていますので最短30分の審査時間が多くの企業で取り入れている対応力となっています。銀行カードローンは審査部門は外部委託、特にアコムやプロミスなどの消費者金融に委託しているケースが多くありますので時間がかかるカードローンが多くあります。
 
審査が早いということは実際に借り入れして現金を手にするまでの時間が早いということを意味しています。ローンカード発行もローン契約機で出来るところが多いので審査をかけながら審査通過となればすぐに最寄りのローン契約機でローンカードを発行してもらえばその帰宅途中のコンビニや銀行ATMで借り入れすることができます。借り入れする側の申込者も迅速に行動すれば申し込みから1時間程度で現金を手にすることができます。
 
他にも特徴があるとするならデメリットにはなりますが、銀行カードローンに比べて金利が高いことがあげられます。どうしても資金調達で銀行からお金を借りて又貸しするような形で事業を運営していますので金利は高くならざるを得ません。
 
それでも無利息キャンペーンなどすぐに返済するような方には利息ゼロで貸付ができるような特典も一部の消費者金融で行っていますので金利の高さは問題にならないことが大いに有ります。
 
消費者金融は一昔前はヤクザが取り立てに来るんじゃないかという悪いイメージを持たれる方も居たようですがアイフルの取り立ても結果的には捏造でアイフル側を追い詰める誰かの策略でしたし、怖い人が出てくるようなことはありません。ある意味では返済ができなかったりすると機械的に督促が来ます。
 
普通に借りて普通に返す分には何も問題ないと思います。今は安心して借りられます。
 

銀行カードローンの特徴

銀行のカードローンは銀行が主体となって無利息・無担保で個人に貸付を行うものです。大手の銀行カードローンで人気があるところといえば、三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行横浜銀行千葉銀行などです。郵政省のゆうちょ銀行もカードローン事業に乗り出しています。
 
銀行カードローンの特徴といえば、「金利が低い」、「審査は若干厳しい」といったことがあげられます。一番の特徴は金利が低いことでしょう。消費者金融と比べても上限金利で3~5%程度低いケースも多いです。理由は資金調達コストが低いことと、リスクが高い人には融資しないということがあげられます。
 
資金調達は銀行は預金者から資金を集められますし、日本銀行などから借り入れするとしてもかなり低い金利で借り入れができますのでその分低い金利で利用者に提供することが可能です。さらに、消費者金融はリスクは金利に乗っていることでたくさんの人に貸し出しするのが特徴ですが、銀行の場合は比較的リスクをしっかり見ますのでその分ちゃんと返せる人にしか貸さないことから金利を抑えています。
 
 
 

街金の特徴

 街金は少額融資を基本とした地域密着の中小企業となります。消費者金融の一部と考えて良いでしょう。貸金業に登録はしているので貸金業社として事業展開しています。
 
その多くは企業や個人事業者、自営業者に向けた事業融資や不動産担保ローンなどが最近では多く見かけます。
 
個人向けの貸金というのは少なくなってきた印象があります。その一方でヤミ金とやっていることが変わらない事業者も多くありますので借りるときは十分注意して違法性がないか確認することも重要です。
 
一見普通にみえても貸出金利の面では違法性がある場合もありますので街金には念のため注意して借りるようにしたほうが良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングの特徴

 クレジットカードを使ってショッピング、買い物をすることが多くあると思いますが、キャッシング機能もありますので何かを買う目的ではなく現金を手にする、借り入れをすることもクレジットカードで可能です。
 
リボ払いという月払いの金額が変わらないものとは異なり、コンビニATM等でも借り入れすることが可能です。
 
クレジットカードは信販会社が運営しており、金利は消費者金融と同じくらいと考えて良いと思います。銀行並に低い金利ではありませんのでその点は注意しておいたほうが良いでしょう。貸出額も最大50万円程度とこちらも消費者金融と同等になっています。
 
ショッピング枠とキャッシング枠というものが用意されており、クレジットカード発行のときにキャッシング枠を設定していればすぐにでも借り入れすることが可能です。

ヤミ金の特徴

総量規制や審査が厳しくてどこも貸してくれないというときに最後の手段としてヤミ金(闇金融業者)に手を出す人がまだまだ多くいます。
 
ヤミ金は貸金業に登録していないのはもちろんのこと、登録していて安心できる企業と見せかけて実は裏で暴利な金額で貸付を行う企業も多くあります。
 
ヤミ金は基本的には無理な督促、暴利というのが特徴です。金利は法律で決められた範囲でなければならずそれをオーバーするなどしていた場合は違法となります。その時点でヤミ金と断定されることになります。
 
よくあるのは街金業者で実は暴利だったというケースや街中の電信柱にお金貸しますなどのと携帯電話番号とともにチラシがはられているような業者、090金融などとも呼ばれています。これらの事業者はたいていヤミ金ですので決して借りないようにしてください。

お金を借りるまでの手順

 消費者金融、銀行に関わらずお金を借りるまでの手順はだいたい同じです。はじめてお金を借りるとき申し込みから実際に現金を手にするまで早くて1時間、時間がかかると2週間くらいです。
 
以下、キャッシング・カードローンの利用に際して一般的な手順を解説します。

申し込み

まずはカードローンやキャッシングの申し込みを行います。申し込み方法はいくつかありますが、近年の主流はスマホやパソコンでインターネット上のサイトから申し込む方法です。
 
ネットで簡単に申し込みが出来るのでスマホさえあればすぐに申し込みがどこでも可能となりました。一昔前は申込用紙に記入して、とか、電話で申し込みといったアナログな方法が主体でした。
 
今でも銀行カードローンは申込用紙に記入してそれを郵送で提出するような方法が取られていますが、それはあくまで方法の一つで主流はインターネットでの申し込みです。
 
消費者金融や銀行の公式サイトにアクセスして申し込みボタンをクリックすればすぐに申し込み手続きが開始されます。
 
申し込みに必要な情報としては個人・家庭に関わる情報、勤務先や収入に関わる情報、借り入れに関わる情報を記入することになります。
 
借りるのって本当に簡単なんだなって思うくらいあっさりしています。ただし、正確に間違いなく入力しましょう。後で裏を取られて間違いだったということになると貸出してくれませんし、審査にも通らな可能性があります。
 

審査

インターネット等で申し込みが完了すると早速審査が行われます。会社によっては仮審査だったり、すぐに本審査を行ったりしますのでどこまで審査がクリアになれば借りられるのが確定するかは確認しておいたほうが良いでしょう。
 
審査は通常、その会社で行わると思われがちですが、意外にも外部企業へ委託しているケースがほとんどです。
 
消費者金融の場合は自前の審査部門で審査を行っています。それ故、審査時間が短い、独自の審査基準で審査を行いますので審査に通りやすい場合や通らない場合というのが出てくるので人によって審査に通りやすかったと思うようなケースもあります。
 
銀行の場合はほとんどのケースで自前の銀行の内部で審査は行われていません。ほとんどが消費者金融や審査を主体にやっている企業、もしくは同じ銀行のグループ会社で行っています。
 
保証会社という記載をご覧になったことがあると思いますが、保証会社が実はアコムやプロミスなど消費者金融が審査の仕事を担っていることはよくあります。
 
審査する会社が例えばアコムだっとしてアコムの同じ基準で審査が通るわけではありませんのでその点は注意が必要です。あくまで一定の審査基準を銀行側が設けていて、それを踏まえて審査を行うのがアコムということです。それでもある程度は近い審査基準になることもあるでしょう。
 
このように銀行のカードローンは審査するのが消費者金融の会社ということもあって外部に委託することから審査時間が少し長くなることがあります。
 
消費者金融で最短30分程度、銀行でも30分で審査結果を返してくれるところもありますが、銀行の多くは当日審査回答といったようにある程度時間がかかるのが普通です。
 
なお、審査結果は個々の会社それぞれで異なります。必ず電話で返す場合やメール返答とするところなど様々です。審査結果はメールの場合はメールに記載されたURLをクリックして個別の管理画面へアクセスしてそのページ内で発表するようなところが増えてきました。
 

必要書類の提出

キャッシング・カードローンの申し込みに際して、審査の前または審査の後に書類の提出物が求められるケースがほとんどです。
 
必要な書類としては2種類あります。1つ目は運転免許証や健康保険証などの個人を確認・特定できる書類になります。
 
2つ目は所得が証明できる書類で、源泉徴収票や過去の給与明細、確定申告の書類などになります。
 
銀行の場合は申し込みたい銀行カードローンの銀行預金口座がある場合はパスできる、必要書類の提出が不要なケースがあります。理由は預金口座を作る段階で個人の特定はできていますので提出が不要になります。
 
所得が証明できる書類についてはほとんどの場合で各社借り入れ額に応じて必要か不要かが決まります。消費者金融の場合は他社含めた借り入れ総額が50万円を超えると所得証明書の提出が必要になります。
 
銀行カードローンの場合は200万とか300万円の借り入れ額までは所得証明書が不要になるケースがが多くなっています。総量規制に関わるところでこの辺の基準が消費者金融と銀行とで変わってきますね。
 
クレジットカードの場合は通常50万円までは何も提出不要でキャッシングの申込さえしておけばキャッシング可能なので消費者金融と同じような考え方です。
 
必要書類の提出タイミングですが、先に記載した通り審査の前になるか後になるかで各社異なります。一般的に消費者金融の場合でいうと審査通過後に提出を求められることが多いです。
 
提出の方法ですが、最近ではインターネットを介して写真を送付するような方法が増えてきました。携帯やスマホのカメラで運転免許証等を写真に撮り、その画像データを送付するという方法です。他にはコピーしてFAXで送るなどという方法がありますが手間ばかりかかってお互いに面倒ですので写真をデータで送るほうがカードローンを利用する側にとっても楽です。
 

契約・ローンカード発行

審査と必要な書類提出が済めば契約を行い、ローンカード発行の手続きに進みます。
 
消費者金融の場合はローン契約機(無人契約機)がありますのでそちらに赴いてすぐに契約、ローンカード発行までがとても早く行えます。
 
契約という手続きはどうしてもあるのでこの手続きは各社の融資スピードを左右するポイントです。銀行カードローンの多くは郵送でのやりとりになることがあります。インターネット上でできることももちろんありますが、預金口座を持っている人のほうが手続きの方法は簡便です。
 
ですので申し込みたい銀行カードローンの銀行口座があるかないかで融資までのスピードが変わってきます。銀行におけるローンカード発行そのものはどうしても郵送で送られてくることが多いので審査まですぐに終わったとしてもローンカードの発行で1週間程度かかって実際には申し込みから1週間後にやっと現金を借りられたということがよくあります。
 
ただし、ローンカードはなくても借りられることが多いので振込などインターネットバンキングやカードローン・キャッシングの管理画面上から振込手続きも可能となっています。この場合即日融資という形で口座への振り込みが最速になります。
 
ATMで直接借り入れを希望するならローンカード発行の手続きはするべきですし、そうでなくても自分の口座に振込してもらってコンビニATMなどで引き出すということも可能です。
 
一部の銀行ではキャッシュカードはローンカード代わりにもなることがあるので銀行カードローンでも最速で借りられることもあるので確認してみてください。
 

ATMや振り込みによる現金の借り入れ

ローンカードが発行されれば早速コンビニATMや銀行ATMで借り入れすることがすぐに可能になります。
 
通常、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクスなど主要なコンビニのATMは利用可能です。厳密にはセブン銀行、ローソンATM、E-netに対応したATMであればコンビニATMでなくてもそのキャッシュディスペンサーが設置されているところであれば借り入れ可能です。
 
最近では小さなスーパーマーケットや大型ショッピングモールでも設置されていますね。本当にどこでもすぐに借りられる世の中になりました。
 
借り入れの方法には上記したように振込による方法もあります。銀行カードローンで銀行口座を持っていてインターネットバンキングが利用できる状態ならインターネットバンキング上から借り入れ・振込の手続きが可能で、即時に振込可能です。
 
消費者金融でも一部にネット銀行系と提携していますので指定の銀行口座があれば即時振込も可能です。
 
通常ATMを利用する場合は手数料が必要ですが、預金の引き出しなどでかかる手数料はキャッシングにおいては不要なケースが多くあります。全ての銀行カードローン、消費者金融でとは限りませんが利用手数料を無料にしている貸金業者が多いです。
 

返済

借り入れをすれば返済もしなくてはなりません。
 
通常返済は一定の時期に約定日というものが決まっており、その日を基準にして返済額や返済日が決まります。
 
通常、銀行引き落としが行われることが多いので毎月所定の日に返済が口座から自動引き落としという形で行われます。
 
返済額や返済回数は契約で決めた何回払いなのかという点に基づいて決められます。
 
なお、返済方法は引き落としだけでなく随時ATM等で返済することも可能ですし、振込による随時の返済も可能なのがほとんどです。
 
金利による利息は1日単位で発生しますので基本的には返せるときに返したほうが良いでしょう。
 
ATMでも気軽に返済できる環境が整っていますのでどんどん返済していったほうがお得です。


お金を借りるときに重要視するポイントを考えておく

ここまでお金を借りるまでの流れや貸金業者のことなどお話しましたが、結局どういうことに気をつけて借りたら良いのでしょうか。
 
ここで簡単にアドバイスしておきますが、お金を借りたい背景というものは個人それぞれで異なります。多くのサイトや業者の公式サイトでおすすめと謳っていても自分にとって本当に合っているのか、理想通りなのかはちゃんと借りる目的を考えて借りないと分からないものです。
 
そこで、当サイトでは大きく分けて以下の5つのポイントを紹介します。それぞれ確認して重視したいことを考えて決めると良いでしょう。
 
なお、以下で解説するポイントは目的別に選ぶキャッシング・カードローンでランキングを交えて解説していますので確認してみてください。
 

金利

一番良く目にする金利が低いものを選ぶという点について解説します。
 
消費者金融や銀行では金利を大々的に広告していますが、確かに金利が低いほうが利息が少なくなりますのでお得に借りられるというわけです。利息が少なければ返済するときに余分に支払費用が少なくなるわけなので金利が低ければ低いほど返済が楽になります。
 
金利の表示は「実質年率、下限金利が○%、上限金利が○%」という形で情報が発信されていますが、初めて借りる方や年収が低い方になればなるほど上限金利のほうに寄ります。ほとんどの方が上限金利になると考えておいて良いでしょう。
 
下限金利に近い金利が適用される方は借りる金額が大きかったり、返済実績が過去にあったり、年収や勤務先の属性が良い方ほど下限金利に近い金利で借り入れすることが可能です。
 
基本的には最悪のケースを想定して上限金利になると考えて月々どれくらい返済するのか、最終的にどれくらい利息を払うことになるのかということを考えるほうが良いでしょう。
 
さらには返済期間を考えて借りて返済するまで時間が短いなら利息は金利の差があってもそんなに開きがありませんので返済期間が短い想定なら金利はそれほど気にしなくても良いかもしれません。
 
ですので、金利を低く低く求めていきたい方は返済期間が1年を超えるような場合は金利が低いキャッシング、銀行のカードローンを選ぶと良いと思いますし、短期間で返済するなら金利はそれほど気にしなくても良いです。
 

借りるまでの時間・スピード

現金を自分の手にするまでの融資スピードもカードローン・キャッシングを選ぶ上で重要なポイントになります。
 
とにかくすぐに借りたいという方はお金に困っている方なら誰しもが思う所です。ですので、当サイトでは融資までのスピード、審査時間も早いほうが良いという方に向けてキャッシング比較表すぐに、今日お金を借りる・早く借りられるキャッシング・カードローンについて解説しています。
 
ポイントは審査時間の早さと融資実行までのプロセスの短さにあります。
 
審査時間は審査を委託する保証会社によってまちまちです。消費者金融は銀行のカードローンの保証会社としても役割を担うことも多く、審査が早い傾向にあります。最短で30分というのが現在の審査時間のスピード感となっています。銀行でも早い審査会社(保証会社)に依頼しているようなら審査速度は早いです。
 
ただし、ここからが問題で審査は早くてもその後の融資までのスピードが各社大きく異なります。
 
まず消費者金融においてはローン契約機が街中にあるのでインターネット等で申し込を済ませた後、審査に通過したらすぐに最寄りのローン契約機でローン契約の手続きが可能です。さらに、その場で提出すべき書類を提示できたり、ローンカード発行まで行えるのでとにかく早く借りるなら消費者金融がおすすめです。
 
銀行の場合は審査の後、運転免許証などの提出をするのでその段階で少し時間がかかります。早いところなら免許証などをスマホのカメラで撮影してその画像データをアップロードするという方法が可能です。ただし、契約は基本的には書面でやりとりすることになるので融資までの時間はどうしても消費者金融に比べるとかかってしまいます。
 
ただし、銀行のカードローンを利用するにあたってその銀行の預金口座を既に持っている状態なら運転免許証などの個人確認の書類を提出しなくても良いだけでなく、インターネットバンキングが利用できればすぐに自分の口座に借り入れの振込依頼が可能で、即時振込にも対応しているところが多いです。
 
銀行カードローンでもATMで借り入れしたいという方においては手持ちのキャッシュカードがキャッシング機能も有することが可能なのでカードローンのシステムが整った銀行なら比較的早く借り入れすることが可能です。
 
この辺りは当サイトの最速で借りられるキャッシング・カードローンで詳しく解説していますので確認してみてください。
 

毎月の返済額

毎月の返済額をどうするかという点もキャッシングを行うときに気になる点です。
 
借りる方のそれぞれの背景があると思いますが、借り入れして毎月返済する金額をできるだけ少なくして安定して返せるようにしたいという方も多いでしょう。
 
カードローンや消費者金融のキャッシングでは基本的には借り入れした金額、及び、残債の額に応じて最低返済額が決まっています。
 
当サイトのキャッシング比較表でも掲載していますが、最低返済額は一番返済額が小さいカードローンで月額1,000円からという会社があります。
 
同じ金額を借りていても返済額は貸金会社次第では月1万円程度は変わってきますので気になる方はチェックしてみてください。
 
なぜこのようなことが各社異なっているかというと、返済額が小さくなれば融資期間が長く伸びることになるので企業にとっては利益が大きくなります。ただし、貸し倒れのリスクは期間が長ければ長いほど大きくなります。リスクと利益のトレードオフという関係にあります。
 
最低返済額を多く設定している会社はリスクを最小限にしたいという思いがありますし、返済額が少なくても良いという会社は利益を重視しているということになります。
 
借り入れする側にとっては返済額が少ないと楽だという考えももちろんありますが、融資の期間が長ければ長いほど利息を多くとられますし、多重債務、返済不能に陥ることも可能性がありますので可能なら返せるときにすぐ返すということを頭に入れて置かなければなりません。
 

銀行の場合口座の有無

銀行のカードローンでお金を借りるときは今現在ご自身で保有する銀行口座があるかどうかも借り入れするときの大きなメリットになりますので確認しましょう。
 
例えば三井住友銀行の銀行口座を持っている方で、どこからお金を借りようかと考えるならまずは三井住友銀行でカードローン利用ができないか考えたほうが良いです。
 
理由は銀行口座を持っているということは個人の特定・確認は済んでいるので提出書類が不要になります。「WEB完結」という言葉をよく聞くことがあると思いますが、これは銀行口座を持っている方がWEBだけで申し込みから契約まで完結するという非常に楽で早い手続き方法のことを言います。
 
また、インターネットバンキングを利用しているようならすぐにカードローンの申し込みも可能ですし、振込手続きもインターネットバンキングからすぐに行うことが可能です。
 
審査はもちろん必要ですが、審査時間の後の融資スピードという点も早く借りることに関しては重視したいポイントですし、さらには簡単で手間をかけずに申し込みできるということは大きなメリットになるでしょう。
 
ですので、まずはお金を借りたいという方は銀行口座を持っている銀行のカードローンで借りられないかを検討することをおすすめします。銀行でも早く借りられたり、手間もかからないことが多くメリット多くあります。
 

ATM利用などの利便性

お金を借りたいというときにいざ現金を手にするまで早いほうが良いという方も多くいらっしゃると思います。
 
とにかく財布にお金を一刻も早く入れておきたいというシーンになったとき一番最速なのはATMを利用してお金を借りることです。
 
そうなると様々なATMでの利用が可能であることが重要になります。現在の銀行カードローン、消費者金融キャッシングはほとんど同じような利便性になっているのであえてATMの利用可否で選ぶようなことはありませんが、念のためどのようなATMで利用可能かは確認しておくと良いでしょう。
 
特に最寄りのコンビニATMや銀行ATMで利用できるのかは重要なチェックポイントです。
 
通常利用可能なATMは、セブン銀行ATM(セブンイレブンやイトーヨカドー)、ローソンATM、E-netが利用できるATM(サンクス等のコンビニ)、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM(郵便局)、銀行ATMです。
 
コンビニATMは当サイトに掲載するキャッシング・カードローンでほとんど利用可能です。イオンやゆうちょ銀行も比較的多くのカードローンなどで利用可能ですが、一部利用できないところもありますので注意してください。当サイトでは個々のカードローン、消費者金融の解説ページで例えばモビットの解説ページをご覧いただくと返済や借り入れで利用できるATMの一覧を記載していますので他のカードローンなども個別に確認してみてください。
 
ここで一つ注意があります。前提としてATMでお金を借りるにはローンカードが必要です。WEB完結のように銀行カードローンを利用して振込のみでの借り入れをするような場合にはローンカードが発行されないケースもあります(ローンカードは別途発行手続きが必要なことがあります)。
 
この場合はコンビニATMで直接借り入れができませんので注意してください。ただし、インターネットバンキングで振り込み手続きをして即時振込をしてもらえばすぐにATMでキャッシュカードを使って引き出すという方法も可能ですが若干の手間はかかります。
 
今後どういう使い方をするのかを踏まえてATMの利用を考えておくのが良いでしょう。
 
以上の点については目的別に選ぶキャッシング・カードローンでランキングなどで解説していますのでこちらでも確認してみてください。
 

最後に

以上、お金を借りる前にしっておくべきことや注意すること、何を考えてお金を借りれば良いか、どこから借りるべきかなどを網羅的に解説しました。
 
ざっくりとどんな考え方でお金を借りれば良いか、返済するのかが分かってもらえたかと思います。
 
お金を借りる方はそれぞれの目的やお金を借りたいという背景が異なるため一概にここが一番おすすめですとは言えません。ご自身にとって一番理想とするキャッシング・カードローンはそれぞれの方で異なります。
 
これから初めて借りるという方や以前も借りたけどまた借りたい、他の貸金業者もみてみたいという方は、当ページで解説した何を重視して借りたら良いかを踏まえて全国のキャッシング業者(消費者金融)、銀行などを総合的に検討してみてください。
 

  • 1.まずはお金を借りるとき何を重視したいか、目的は何かを考える
  • 2.重視したいポイントはに応じて総合ランキング目的別ランキング比較表で全国の業者をピックアップする
  • 3.当サイトに掲載する業者毎の個別の解説を読んでいただき、返済を含め問題なさそうか判断する
  • 4.銀行や消費者金融から借り入れ申し込みをする

 
このような流れで確認・借り入れを行ってみてください。

おすすめのカードローン

初めての方で最初に意識すべきは金利などより利便性です。借り入れ・返済が全国最寄りのATMでスムーズに行えて口座開設も不要なカードローンがおすすめです。

 

三井住友銀行カードローン

土日でも利用可能!!
三井住友銀行の銀行口座がなくても利用可能
全国の三井住友銀行ATMや提携コンビニATMで利用可能!!プロミスのローン契約機では申込みまで可能!!
 
公式サイトはこちら 詳細へ
 

当サイト人気の
カードローン

人気があるのには理由があります。当サイトにおける申込数ランキング

ランキング第1位
最短30分の審査スピード重視のカードローン!!30日間無利息サービスやローン契約機の多さも便利に使えるポイント!!
 
ランキング第2位
2017年5月からセブン銀行「スマホATM取引」アプリのサービス提供が開始されローンカード発行無しでアプリを使ってコンビニで借り入れ可能に!!勤務先連絡無しなのも◎
 
ランキング第3位
口座開設無しで利用可能なオリックス銀行カードローンは低金利で借りられる大手ネット系銀行のカードローンです

目的別に選ぶ
カードローン

お金を借りる上で重視するポイント、目的に合わせて借り先を探す。初めて借りる方は解説ページがありますのでまず先に こちらをご覧ください。
 
お急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシングお急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシング
 
毎月の返済額が少ない
 
休みの日でも現金を手にしたい方 土日祝日でも借りられる
 
利息が少ない・上限金利でも低金利 低金利カードローン
 
審査に通る可能性で選ぶキャッシング 審査通過率が高い
 
現在借り入れがある方 総量規制対象外
 
現在の借り入れをまとめたい方 おまとめローン
 
 

アコム
プロミス
アイフル
三井住友カードゴールドローン
モビット
ノーローン
キャッシングのフタバ
フクホー
ライフティ

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
りそな銀行カードローン

新生銀行カードローン レイク
オリックス銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
じぶん銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
イオン銀行カードローンBIG
セブン銀行カードローン
横浜銀行カードローン
千葉銀行カードローン
静岡銀行カードローン セレカ
住信SBIネット銀行カードローン
ジャパンネット銀行カードローン
東京スター銀行カードローン
東日本銀行銀行カードローン
八千代銀行カードローン
大和ネクスト銀行カードローン
武蔵野銀行カードローン
常陽銀行カードローン キャッシュピット
栃木銀行カードローン スマートネクスト
群馬銀行カードローン スマイルパートナー
足利銀行カードローン Mo・Shi・Ca
京葉銀行カードローン
東京都民銀行パーソナルカードローン
東京都民銀行Webカードローン
筑波銀行カードローン IMA☆(いまほし)
山梨中央銀行カードローン waku waku エブリ
千葉興業銀行カードローン リリーフ
北海道銀行カードローン ラピッド
青森銀行カードローン Aキャッシング
みちのく銀行カードローン トモカ
福岡銀行カードローン
七十七銀行カードローン 77スマートネクスト
西日本シティ銀行カードローン クイック30
京都銀行カードローン W(ワイド)
広島銀行カードローン マイライフプラス
八十ニ銀行カードローン ニューマイティ
群馬銀行カードローン ナイスサポートカード
北陸銀行カードローン スーパーNOW
中国銀行カードローン コレカ
十六銀行カードローン Q-LOAN
ゆうちょ銀行カードローン したく

京都中央信用金庫WEBカードローン
岡崎信用金庫カードローン
埼玉縣信用金庫カードローン
城北信用金庫カードローン
JAバンクカードローン