キャッシング50社比較

お金を借りるなら全国のキャッシング・カードローン50社を比較して決めよう!!
イオン銀行カードローン

 

キャッシング50社比較 - 全国の消費者金融・カードローン徹底調査 | イオン銀行カードローンの評判は本当?【おすすめする3つの理由】

イオン銀行カードローンで本当にお金を借りても大丈夫?

AEON
 
イオン銀行

カードローン解説の内容について

イオン銀行のカードローンでお金を借りる前に確認しておきたいポイントとして、カードローンの特徴、申込条件、審査、利用可能なATM、金利や毎月の返済額、その他注意点を示していきます。
 
金融機関コード:0040


目次

イオン銀行カードローンの3つの特徴
お金を借りる前に注意すること
カードローン商品概要
審査・申込について

    • 審査時間について
    • 申込手順について
    • キャッシング・カードローン申込の注意点

返済について

    • 返済方法について
    • 返済金額について

イオン銀行カードローンの評判について

    • キャッシング50社比較.jpの口コミ&アドバイス
    • イオン銀行カードローンで借りるべき人とは
    • イオン銀行カードローンで借りないほうが良い人とは

その他ローン商品の紹介
イオン銀行のATM一覧

イオン銀行カードローン3つの特徴

イオン銀行カードローンには以下の様な特徴があります。イオン銀行はイオングループのショッピングセンター、ジャスコやイオン直営の大型店舗に銀行としてインストアブランチを設置しています。イオンの店舗の1階、食料品と専門店の間あたりによくありますね。イオン銀行のATMとともに設置してあるのをご覧担ったことがある方も多いと思います。
 
当ページでは本当にイオン銀行カードローンでお金を借りて大丈夫か不安な方、悩まれている方にイオン銀行カードローンの特徴を紹介するとともにおすすめ出来る人、おすすめできない人はどんな人か解説していきます。
 

低金利で借りられる

イオン銀行カードローンの大きな特徴として低金利で借りられるという点があげられます。
 
具体的には金利3.8%~13.8%となっており、他行のカードローンや消費者金融と比較しても低い金利水準となっています。
 
金利の決まり方としては借入額によって変動する方式をとっており、10万円単位の借り入れで10万円~90万円までは11.8~13.8%の間で金利が決定します。
 
それより、100万円以降は100万円単位で金利が2%程度ずつ下げられており、高額な融資を受けることで金利が低くなる仕組みです。
 
基本的には高額な借り入れをされる方はそういないので、11.8~13.8%の間に収まると考えて良いでしょう。11.8%なのか13.8%なのか、またはその間の金利になるかは当人の属性、勤務状態や年収、借り入れ、返済履歴などで決まります。
 

イオン銀行の口座を持っていなくてもカードローンの利用が可能

イオン銀行の預金口座を持っていない方でも申し込みが可能です。イオン銀行カードローンはWEBによる申し込みが基本となっており、イオンなどに設置されている銀行窓口では申し込みできませんのでご注意ください。
 
申し込み後は5日程度で発行されるローンカードを利用して、最寄りのATMで借り入れが可能になります。
 

イオンの店舗で借り入れ、返済が可能なので利便性が高い

イオン銀行ならではの特徴であるイオンの店舗に設置されたATMも借り入れ・返済で利用できる点はイオン銀行カードローンでお金を借りる理由の一つになると思います。自宅の近くにイオンがある、イオンに良く行く、という方はかなり便利に使えると思います。
 
初めてという方でもイオンに設置されたイオン銀行カードローン端末を使って、インターネットで申し込むのと同じようなやり方で申し込みが可能です。
 
イオン銀行ATMは24時間365日利用できるという点もキャッシングをする人にとってありがたいポイントです。ですので、イオンが開いている時間いつでも借り入れ、返済が可能ということになります。
 
もちろん、コンビニや銀行ATMでも返済・借り入れが可能なのでイオン以外の場所でも利用することは可能です。


お金を借りる前の注意点

 キャッシングする前、カードローンでお金を借りる前に注意する点を解説しておきます。
 

即時融資が可能なのはイオン銀行口座を持っている方だけ

イオン銀行カードローンで借り入れを行う際、イオン銀行の預金口座を持っている場合はローンカードが届く前に口座へ即時振込が可能となっています。イオン銀行の預金口座を持っている人にとってはメリットになるでしょう。
 
イオン銀行の預金口座を持っていない方はローンカードが発行されるのを待つ必要があります。だいたい5日程度で発行されますので、即日振込を希望するならあえてイオン銀行カードローンを選ぶ必要はないかもしれません。
 
なお、イオン銀行カードローンはイオン銀行の預金口座を必ずしも開設しなくても良いので手持ちの銀行口座を登録するだけでOKです。返済借り入れは、ご自身の別の銀行口座で行います。もちろん、ローンカードが発行されますので、イオン銀行ATMを始めとする銀行ATM、コンビニATMでも借り入れ・返済が可能です。
 

家族にバレないで借りることが可能だが注意も必要

イオン銀行カードローンは佐川急便の「受取人確認サポート」というサービスを採用しているので、申込人本人以外はローンカードを受け取ることができません。
 
よって、家族に勝手に手紙を開封されたりすることはありませんので、家族にバレないで借り入れすることが可能です。
 
ただし、本人が受け取る必要があるため手間もかかります。不在で再配達を依頼したりして受け取りがどうしても遅くなることもありえると考えておく必要があります。すぐに借りたいような場合は向かないカードローンと思っても良いかもしれません。
 

審査にあたりイオン銀行からの勤務先へ在籍確認あり

イオン銀行カードローンの審査にあたり勤務先への在籍確認が電話で行われます。その場合、担当者の個人名または「イオン銀行」と名乗るので、そのことについて頭に入れておいたほうが良いでしょう。
 


商品概要

 イオン銀行カードローンのカードローン商品の概要を解説します。

商品名

イオン銀行カードローン

利用条件

年齢20歳以上65歳未満

パート・アルバイト、派遣社員、などの安定した収入のある方も借り入れ可能

専業主婦(夫)の方は利用可能ですが、学生、年金受給者は利用不可となります

利用使途

自由(消費性資金の利用に限る)

利用限度額

10~800万円

10万円単位

借入金利

実質年率3.8%~13.8%

保証会社

イオンクレジットサービス株式会社

オリックス・クレジット株式会社


じぶん銀行カードローンの審査・申込について

 キャッシングを申し込んでからの審査、申込手順について解説します。
 

審査回答時間について

審査時間に影響があるポイントとしては必要書類の提出が確実に行われているか、入力した情報が正しいものかどうか、不整合などないかということとなります。
 
イオン銀行の口座を持っている方は最短で即日振込にも対応しているため、借りたい日の午前中に申し込みを済ませてすぐに審査に入れれれば1日で借りることも可能です。あくまでスムーズにいったときの場合で、基本的には数日と言われていますので、それを認識した上で申し込みを行うと良いでしょう。
 
審査回答方法はメールでの連絡があった後、審査結果を確認できるホームページのURLが提示されますので、そちらのサイトで確認することになります。
 

申し込み手順について

申し込み手順は、イオンの店舗に設置された専用機またはインターネットのイオン銀行カードローンの申し込みサイトで申し込みを行います。
 
審査結果は最短で1日、基本的には数日で審査が完了し、まずはメールで連絡があります。上記したようにメール内のURLに審査結果の内容を確認することができます。
 
イオン銀行口座を持っている場合は審査OKとなったらすぐに預金口座に振込依頼をかけることが可能です。即時振込に対応していますので口座があると便利です。
 
通常はローンカードを受け取るのに5日程度はかかるためローンカードを受け取ったら、最寄りのATM(イオン銀行ATM、コンビニATM、提携銀行ATM)などで借り入れすることが可能です。
 
 

申し込みに必要な書類は?

必要な書類として本人確認書類として運転免許証等が必要になります。
 
具体的には運転免許証や健康保険証が必要です。運転免許証などの情報が必要な理由はローンカード受け取りをするために本人確認を免許証で行うためです。
 
また、個人事業主や法人代表の人で事業融資以外で借りることもできますので、その場合は源泉徴収票や確定申告、給与明細などが必要です。
 
あらかじめ用意しておくとスムーズに審査が行われますので、事前にコピーをとっておくことをおすすめします。
 

 申し込みに関する注意点

上記したように申し込みに際して、勤務先に在籍確認の電話があります。電話があるということは頭に入れておいたほうが良いでしょう。土日は営業していないような場合は審査がどうしても遅くなるので平日のほうが審査は早いです。
 
受取人サポートのサービスを採用しているので本人のみしかローンカードを受け取れない点も注意が必要です。


返済について

 キャッシングでの借り入れ後の返済方法、返済額などについて解説します。
 

返済方法について

 以下の場所、方法で返済が可能となっています。

振込、口座引きお落としによる返済

自動引き落としも可能(約定日の約定返済)

ATMでの随時返済も可能

ATMで返済

以下のATMで返済が可能となっています。

三菱東京UFJ銀行ATM

ローソンATM

E-netがあるATM(ファミリーマート、サンクス等のコンビニ)

ゆうちょ銀行ATM

※手数料がかかる場合があります。

返済金額について

現在の借り入れ額、前月分の約定額に応じて定例返済額が確定します。借入残高毎の返済額は下記の通りです。
 

3万円以下

1,000円

3万円超5万円以下

2,000円

5万円超10万円以下

3,000円

10万円超20万円以下

5,000円

20万円超50万円以下

10,000円

50万円超100万円以下

15,000円

100万円超150万円以下

25,000円

150万円超200万円以下

30,000円

200万円超300万円以下

35,000円

300万円超500万円以下

40,000円

500万円超600万円以下

50,000円

600万円超700万円以下

60,000円

700万円超

70,000円

 
 
 可能なら返済できるときに一括返済含め、大きく返済しておくことをおすすめします。


イオン銀行銀行カードローンの評判について

 本当にお金を借りても大丈夫か口コミ・評判など。
 

キャッシング50社比較.jp 管理人の口コミ&アドバイス

イオン銀行は様々なメガバンクや地方銀行、保険外車の出資を受けてできた銀行です。日本振興銀行は現在のイオン銀行に吸収されました。
 
さて、イオン銀行の預金口座の保有有無で申し込みや利用に関係がありませんが、口座を持っているほうがどちらかといえば有利な点が多いです。どうしてもすぐに借り入れしたいという場合においてはイオン銀行口座があるほうが即時振込に対応していますので借り入れまでがスムーズです。
 
必要書類は預金口座を持っていても持っていなくても変わりありませんし、申し込みで早くなることはほとんどありません。それでも審査にはスピード面では有利に働きます。
 
保証会社はイオンクレジットサービスとオリックス・クレジットが行います。他の銀行カードローンでアコムなどの消費者金融を使っているところとは審査基準が異なりますので他で審査に落ちたという場合は審査を試してみる価値はあると思います。
 
金利は低めですが、実際には借入額で決まるので、ほとんどの人が13.8%前後の金利で借りることとなります。10万円単位ということもあり、数万円で良いということなら消費者金融のほうが手軽で早いでしょう。
 

イオン銀行カードローンで借りるべき人、おすすめできる人

イオン銀行の預金口座を持っている方

イオン銀行口座を持っている場合、審査から借り入れの振込依頼までが早いのでおすすめです。

専業主婦・専業主夫の方、年金受給者の方

専業主婦の方でも借り入れ可能です。保証人が必要ということではなく専業主婦の方なら旦那さん、配偶者の収入が安定してある方に限られます。

金利を抑えたい、利息を少なくしたい方

一番高い上限金利でも13.8%なので他の消費者金融や銀行カードローンと比較しても低くなっています。その分、利息は少なくてすみますので他よりお得に借りられるカードローンと言えます。

毎月の返済額を小さくしたい、返済額を少なくしたい方

返済が進んだ後ですが、最小で毎月1,000円からの返済でOKとなっています。

イオンの店舗に頻繁に行く方

イオンの店舗が近くにあってよく行くという方はおすすめです。借り入れ返済ともにイオン内に設置されたATMでできますし、申し込みもイオンにある端末で行うことができますので利便性は高いです。

イオン銀行カードローンで借りないほうが良い人、おすすめできない人

即日融資を希望する方

スグに借りたいという方はあまりおすすめできません。最短で即日借りることもできますがかなり特異なケースと考えて良いでしょう。前提としてイオン銀行口座を持っていないなら即日融資は不可能です。イオン銀行口座を持っていたとしてもスムーズな資料提出がなければ即時振込は不可能です。即日融資はあまり現実的ではありません。


その他のイオン銀行のローン商品について

 イオン銀行カードローン以外の他のローン商品について簡単に解説します。カードローンは使途が自由(消費性利用に限る)のに対し、他のローンは使途が限られる分、金利や返済期間で優遇されています。お金を借りる目的に応じて検討・利用するのが賢いお金の借り方です。
 
なお、以下は主に個人向けローン商品を掲載しています。一部、法人・事業者向けのローンも商品名・概要のみ紹介します。
 
なお、ローン商品はイオンアシストプランとして販売されています。
 

フリーローン

イオンアシストプランとしてカードローンに近い商品、フリーローンも用意されています。
 
8年以内に返済、指定の口座に指定の金額を振り込まれる形式になっており、カードローンと比べて異なるのは、一度大きく借りて定期的に返していくのがフリーローンで、カードローンはATMなどで必要となったときお金を借りたり・お金を返したりできる点で異なります。
 
金利水準は同水準となっています。使い方次第でどちらかを選択すれば良いでしょう。
 

住宅ローン

 
イオン銀行では住宅ローンも販売されています。金利は市場状況にもよりますが2018年現在は3.8%~8.8%で、限度額は700万円までとなっています。借り入れ期間も1年~8年です、
 
基本的には住宅を建築するためのローンではなく、リフォーム、修繕の用途が基本となっています。
 

マイカーローン

イオン銀行ではマイカーローンとして車の購入、買い替え、修理に利用するお金を借りることができます。
 
少し金利は高めなのが気になります。
 

教育ローン

イオン銀行では教育ローンとして、子供の就学、留学、塾費用、部活動、修学旅行などの用途に使えるお金を借りることが可能です。
 

その他のローン

個人向けはその他、女性向けに語学や学習、資格のためのローン、ペットローン、趣味のためのサブカルローン、インプラント・歯科治療のためのデンタルローンなどがあります。 
 
 
その他、法人向けには銀行のプロパーローン、農業向けにアグリローンがあります。
 


イオン銀行ATM設置場所一覧

イオン銀行カードローンの借り入れと返済が可能なATMはイオン銀行、提携銀行ATM、コンビニATMとなっていますが、イオン銀行はイオンの店舗にありますので利便性が高いです。
 
全国のイオン、ジャスコ、ミニストップなど6,000台以上設置されています。
 
土日夜間も利用可能で、24時間365日利用可能となっています。
 
ATMの利用、時間外手数料など手数料は一切無料です。(他行への振込などは手数料がかかります)
 

 

他社のカードローンから探す

 当サイトは全国50社以上のカードローン、キャッシング事業者をあらゆるポイントで比較しています。一番優位なキャッシングというのはご自身で何を重要視するかで変わってきます。全国のカードローンから本当に一番理想的、使いやすい、お得なカードローンを見つけてください。
 

ランキングから探す

キャッシング50社比較.jp 総合ランキング

比較表から探す

全国キャッシング50社比較表

目的から探す

目的別カードローンランキング

 
トップページ

当サイト人気の
カードローン

人気があるのには理由があります。当サイトにおける申込数ランキング

ランキング第1位
最短30分の審査スピード重視のカードローン!!30日間無利息サービスやローン契約機の多さも便利に使えるポイント!!
 
ランキング第2位
2017年5月からセブン銀行「スマホATM取引」アプリのサービス提供が開始されローンカード発行無しでアプリを使ってコンビニで借り入れ可能に!!勤務先連絡無しなのも◎
 
ランキング第3位
口座開設無しで利用可能なオリックス銀行カードローンは低金利で借りられる大手ネット系銀行のカードローンです

目的別に選ぶ
カードローン

お金を借りる上で重視するポイント、目的に合わせて借り先を探す。初めて借りる方は解説ページがありますのでまず先に こちらをご覧ください。
 
お急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシングお急ぎの方・今日現金が欲しい方 即日融資キャッシング
 
毎月の返済額が少ない
 
休みの日でも現金を手にしたい方 土日祝日でも借りられる
 
利息が少ない・上限金利でも低金利 低金利カードローン
 
審査に通る可能性で選ぶキャッシング 審査通過率が高い
 
現在借り入れがある方 総量規制対象外
 
現在の借り入れをまとめたい方 おまとめローン
 
 

消費者金融一覧

LinkIconアコム
LinkIconプロミス
LinkIconアイフル
LinkIconアイフルSuLaLi(女性向けキャッシング)
LinkIconアイフルファーストプレミアムカードローン
LinkIcon三井住友カードゴールドローン
LinkIconSMBCモビット
LinkIconノーローン
LinkIconキャッシングのフタバ
LinkIconフクホー
LinkIconライフティ

銀行(メガバンク)一覧

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)
LinkIcon三井住友銀行カードローン
LinkIconみずほ銀行カードローン
りそな銀行カードローン

地方銀行、第二地銀、ネット系銀行一覧

新生銀行カードローン レイク
LinkIconオリックス銀行カードローン
LinkIconソニー銀行カードローン
LinkIconじぶん銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
LinkIconイオン銀行カードローン
セブン銀行カードローン
LinkIcon横浜銀行カードローン
LinkIcon千葉銀行カードローン
LinkIcon静岡銀行カードローン セレカ
住信SBIネット銀行カードローン
ジャパンネット銀行カードローン
東京スター銀行カードローン
東日本銀行銀行カードローン
八千代銀行カードローン
大和ネクスト銀行カードローン
武蔵野銀行カードローン
LinkIcon常陽銀行カードローン キャッシュピット
栃木銀行カードローン スマートネクスト
群馬銀行カードローン スマイルパートナー
足利銀行カードローン Mo・Shi・Ca
京葉銀行カードローン
東京都民銀行パーソナルカードローン
東京都民銀行Webカードローン
筑波銀行カードローン IMA☆(いまほし)
山梨中央銀行カードローン waku waku エブリ
千葉興業銀行カードローン リリーフ
LinkIcon北海道銀行カードローン ラピッド
青森銀行カードローン Aキャッシング
みちのく銀行カードローン トモカ
LinkIcon福岡銀行カードローン
七十七銀行カードローン 77スマートネクスト
西日本シティ銀行カードローン クイック30
京都銀行カードローン W(ワイド)
LinkIcon広島銀行カードローン マイライフプラス
八十ニ銀行カードローン ニューマイティ
群馬銀行カードローン ナイスサポートカード
北陸銀行カードローン スーパーNOW
中国銀行カードローン コレカ
十六銀行カードローン Q-LOAN
LinkIconゆうちょ銀行カードローン したく

信用金庫、農協一覧

京都中央信用金庫WEBカードローン
岡崎信用金庫カードローン
埼玉縣信用金庫カードローン
城北信用金庫カードローン
JAバンクカードローン

法人・個人事業主向け事業融資

LinkIconビジネスパートナー ビジネスローン